時間に笑い。時間に泣かされた日本代表かな。 - trushbox

サッカーロシアW杯。日本ーベルギーとの試合。

勝てたかもしれない試合だった。

相手はことごとくチャンスを作り攻め込むが。

最後の部分で日本ディフェンス陣が戦前のリサーチとか対策で

最後の部分で相手にやらせなかった。

そしてベルギーは惜しいところを決めきれず。

そして後半に入り。一瞬の隙をついて

日本のカウンターが見事に決まって先制。

その後ルーズボールを乾がいいシュートで2−0リード。

ココまでは日本が夢を見れた。

ココまで観てブログの内容も考えながら観ていて。

西野監督も。そしてコーチの森保さん。手倉森さん。

そして優秀なスタッフのコーチングとかが

ベルギー対策として功を奏したなーと。

よく考えるとJで優勝などの経験豊富なコーチ陣だなとも。

そんな風に称えようと想っていた。

しかし。ベルギーが一気に2人の交代。

1人が長身のフェライニを投入。

ソコで日本のマークがずれた。

1失点目はキーパーのポジションの問題などもあって

ある意味不運な失点。

ソコから2失点目のセットプレーは。

ルカク対策は見事に抑えていたものの。

フェライニが入ってココでマークがはずれてしまった。

そして前半から運動量あった日本の選手は足がつったり。

動きが鈍くなり。ストロングポイントだった左サイドはすっかり攻撃より守備に。

そして後半あまり躍動しなかった左サイドから崩したと

ロスタイムになって想えた矢先。

前がかりになってた日本の間隙をぬって。

ベルギーのカウンターでロスタイムの残りわずかなところで

3失点目。。。。

きっと観てた皆様も。呆然としたハズ。

ウソでしょ・・・?と。

でもこれがW杯の怖さだとも想う。

そして日本にまだ試練と課題を突き付けられた瞬間でもあるんだと。

予選の時は時間稼ぎで。時間で歓喜に。

そして決勝トーナメントで。残り時間の少なさと。

時間の少ない危ない時間で泣かされた。

時間に笑い。時間に泣かされたと。

日本代表選手たちはよく頑張ったと想う。

ソコは素直に賞賛したい。そしてこの悔しさを糧に。

新しくまた強い日本に成長していってもらいたい。

きっとこの試合は語り継がれ。

あの試合の悔しさがあったからこそ。

また強くなったという歴史が日本代表にはある。

それを次に託して。次に大きく期待して。

頑張れ日本代表。ありがとう。そしてお疲れ様。感謝感激でした。

でもエライショックはショックだわな。。。。