ゆれる人魚〜知らずに立て続け〜

これ、ミュージカルだったんだ!

しかしグレイテストショーマンからのふり幅がハンパない。

共産主義下にあった1980年代のポーランドを舞台に、肉食人魚姉妹の少女から大人への成長物語を野性的に描いたホラーファンタジー。海から陸上へとあがってきた人魚の姉妹がたどりついた先はワルシャワの80年代風ナイトクラブだった。野性的な魅力を放つ美少女の2人は一夜にしてスターとなるが、姉妹の1人がハンサムなミュージシャンに恋をしたことから、姉妹の関係がおかしくなっていく。やがて2人は限界に達し、残虐な行為へと駆り立てられていく。監督は本作が長編デビュー作となるポーランドの女性監督アグニェシュカスモチンスカ。第10回したまちコメディ映画祭in台東2017年9月15〜18日の特別招待作品として上映。

出典映画com

彼女達はシルバーとゴールデンという名の姉妹。

登場シーンから、不穏な空気が充満しております。

彼女達の歌の内容にご注目。

最初に驚いたのが、その時点では人間の姿だった彼女達の全裸の美しさ。

すこし青みがかって見えるほど、透き通るような白く滑らかそうな肌。

体型的にも少女にしか見えないけど、実はこのお二人20代も半ばらしくてさらに驚き。

グラマラスではないのに、なんともいえずエロいのです。

そしてさらに驚いたのが、人魚の姿になった時のその大きさ(笑)

ポスターでも浴槽からはみ出してるでしょ?

でっかいんですよ。

で、やっぱり魚感がすごい。

その尾びれの大きさとリアルさが、私たちがイメージするこんな

人魚とは全然違う生き物だということを感じさせ、この人間みたいだけれど人間ではない生き物は

一体何をするんだろう、という緊張感を生んでいたような気がします。

そこはかとない不気味さがあるのに

ナイトクラブで踊り歌う二人はやはり文句なく魅力的。

あっさりとクラブの人気者になる二人。

みんな熱狂します。

えーみんな大らかだわ〜と思いきや、シルバーといい感じになってきたミーテクは

キミは人魚だからと言って、最初接触は拒みます。

おいおい、そこはキッチリ線を引くんかい、とツッコミをいれてしまいました(笑)

だからこそ、シルバーの恋心は募り、結末への布石となるんですがね。

確かにね。可愛らしくて魅力的ですが、やはり人間ではない。

時口元がこんなふうになっちゃうしね。

内容的には人魚ですから、まぁ王道の展開になるのですが、彼女達の人格というか思考パターンがイマイチ私にはわかりにくかったので、

切なさとか悲しみを感じるよりも、彼女達がいつ何を基準に牙を剥くのかが気になって気になって、全体的にハラハラ感ばかりでした。

どのくらいの頻度で人間を食べなきゃ生きられないのかとか、アメリカに行きたいと最初に二人で言っていたんだけど、そもそも何の目的で陸に上がってきたのかなど、もう少し彼女達の人格なり思いなりが伝わってくるとよかったかな。

しかしながら、やはりよく知らない国の映画って意図を汲み取るのがなかなか難しいなと思いました。

1980年代のワルシャワって、想像すらしたことないし(笑)

最初の方に二人のお買い物のシーンで、ショッピングセンターで歌い踊るシーンがあるのですが、

店の前になぜか人だかり。

さらに棚の商品がスッカスカの店内。

80年代のワルシャワではそういうものだったのか。

それとも単なる演出なのか。

音楽やファッションの奇抜さもキュートではあるけれど、これがポーランド的にはどうなのか。

そう、つまり日本人が作ったものであれば、王道から少し外してきたなとか、あの時代をデフォルメしているなとか、

さらにはそのデフォルメすら、ふざけているのか、それとも明確な意図を持ってのことなのかってある程度感じることができるんですが、

やはり全く知らない国だとその辺がよくわからない。

英語圏の映画はそれでも触れる機会が格段に多いため、なんとなくわかるような気がしていたけれど、それも実は

その国の人にはわかるけれども、日本人である私には実はわかってないことってきっと多いんだろうなぁと感じた次第です。

でもアメリカはそもそも多民族国家だから、アメリカで制作するものは、やはりある程度多様な価値観のニーズにこたえるのが前提だろうからわかりやすいのかもしれないけど。

そう思ったら、私が感じた不穏さも不気味さも、ポーランドというよく知らない国の文化に触れ、理解できない故の印象が何割か入ってるかもと思った次第です。

でも見たことないような斬新な映画だったことは間違いなし(笑)

一風変わったものがお好きな方には特におススメだと思います。

だから、海外で村上春樹が人気とかさ、ホント?って思うよね。

いや村上春樹は、処女作をまずは英語で書いたって言ってたから、英語で読んだ方が分かりやすいのかしら?

それより大江健三郎ノーベル賞だよね。

何冊か読んだけど、深いところまでは理解できなかった。

日本人の私がわかんないのに、他の国の人はその素晴らしさがわかるんだ!という衝撃(笑)

という経緯から、15年ほど前の勤務先に読書好きの部長がいて、本談義に花を咲かせていたら

高校時代に大江健三郎にハマってさと言われ、その時点で

惚れそうになりました。私独身でした

そもそもは、ナンシー関さんの訃報にショックを受けていた時に僕もすごいショック受けたんだけど話す人がいなくてと言われ

よく話すようになったので、

ナンシー関からの大江健三郎という守備範囲の広さに眩暈(笑)

しかも当時ハマってたsexandthecityの話までできるっていうある意味奇跡のような男性ですよ。

一通り好きな本の話をした後に彼が私に教えてくれたのが山田風太郎っていうね。

山田風太郎を勧められてる時点で脈なしですな。面白いけどさ。

おかしな着地点になってすみません。