「天ぷらは何がすき?」に参加ブログ - Genの思いつ記(Gen建築設計所)

天ぷらと言えば、1番好きなのは「エビ」である。「エビ」は皮をむいて背の部分に切り目を入れてうんこ?(名前は違うと思うが。)の黒い部分を取り除き、腹の部分に切り目を入れてエビの筋肉を伸ばす。 そうすると丸くならずに真直ぐに揚がる。真直ぐに揚がったときは気持ちよく、気分も上昇するのである。(笑) 他にはシャキシャキ感のある「レンコン」。これは天つゆで食べずに、「ウスターソース+胡椒」で食すると一段と旨い! お試しあれ。 美味しい天ぷらは天つゆでなく、岩塩などで食べたいのである。塩というのは拘るとたくさんの種類があって面白いのであるが、なかなか揃えられない。が、美味しい塩は格別なのである。 天ぷらは何といっても目の前であげてもらうのが一番おいしい。揚げたてが種類を問わず、美味いのである。だから美味しい天ぷらを食べたいときは目の前で揚げたてを食べさせてくれる店にいく。 天ぷら粉を水でとかずにビールでとくとカラッと仕上がって美味しい。残ったビールを飲みながら天ぷらを食べるという一石二鳥の食べ方もある。