着陸料100億円、オスプレイ配備受け入れ表明 - 侵略する中共 陸海空 日本への移住 手先・共産党・民進党・立民党・NHKとマスコミ・日教組から祖国日本を護り子々孫々へ

陸上自衛隊が導入する輸送機「オスプレイ」の佐賀空港佐賀市)への配備計画を巡り、小野寺防衛相は24日、佐賀県山口祥義(よしのり)知事と県庁で会談し、国が着陸料として20年間で計100億円を支払うことなどで合意した。これを受け、知事は記者会見を開き、計画を受け入れる考えを表明した 今後の焦点は配備地の地権者である漁業者らの同意を得られるかに移る。知事は記者会見で、「国防の観点から受け入れる判断をした。漁業者がどう判断されるか、誠意をもって話をさせてもらいたい」と述べた 国と県の合意では、国が年5億円の着陸料を20年間支払い、これをもとに県が漁業振興のための基金などを創設する。有明海環境保全や補償について話し合うため、防衛省や県、県有明海漁協が参加する協議会を設置することや、事故発生に備えた防衛省と県のホットライン創設なども盛り込んだ  読売新聞