みのかもおもちゃ病院201909 - 濃飛樹脂軌道

本日は「みのかもおもちゃ病院」定期実施日。

先月は業務で出席できなかったので今月は事前に予定を押さえてあり無事出席できました。

9時前に現地到着…昨日「飛騨街道おし祭り」で飛騨萩原に宿泊していたら朝礼に間に合わなかったでしょう。

その朝礼では10月のイベント参加者配分を決議。自分は来月の定期参加と白川出張を任されました。

あとはドクター人員減少に伴う「おもちゃドクター養成講座」実施の協議。今回自身は生涯学習センターへオフグリッドソーラーワークショップともども応募予定なので概略を話しました。

ただ「まなびのとびら」へ掲載すると美濃加茂市だけでなく加茂郡(みのかも定住自立圏)全域から来ることになるので、八百津町・川辺町・坂祝町の在住者が来たら地元の活動へ案内して活躍頂く方針も話しました。

当然募集人員も美濃加茂市加茂郡の人口比を見ながら案を決めました…定員20名なら過去の実績から美濃加茂は5〜6名増員になると試算。もし参加者の在住地に偏りがあれば次回開催地を変更するだけです。

将来的には講座を下呂市でも実施したいですね…萩原は電気系ドクターが少なく我輩が応援せざるを得ませんから。

議題が終わると活動開始。朝から結構な来客があり早速現場は賑わっています。

自分もひとつ、ハローキティーの手押し車を担当…オルゴールが鳴らないとのことで早速分解しました。

原因はゴムベルト劣化なので中古のプラレール動輪ゴムを伸ばして取り付けたらオルゴールが回りメロディーが流れました。ゴムベルトにひび割れがあり切れる寸前だったので判り易かったです!

今回の結果は普段通りの10件…インスタグラムで広報しましたが多分行き渡ってません。本当に行き渡ってればそれだけでは済まないでしょう。

そのためにも生涯学習講座を成功させて余裕をつけないと。