歴史的人物を巡る旅の夢 - 遊月(ゆづき)の日々これ修行なり〜

不思議な夢を見ました。

満月だからかな?

ある人物のことを調べに、古い建物の中を歩いていて、

でも伝説だから無理だと話していたら、

突然その人物のことを書いた壁画のようなものがみつかって。

そこでわちゃわちゃやっていたはずなのに、

急にシーンが変わって

ルーブル美術館のような建物にいて、

その部屋に行くにはこの階段登るんだけど、

途中が抜けていて行くの無理と誰かが言うんだけど、鎖のようなものがあって、

それを手すりに思い切り足伸ばしたら次のステップに届いて、

その部屋のフロアに立つ

という夢です。

色々象徴的なものが多かったので

とりあえずメモ的に残しておきます